top of page

屋根通気


屋根の水平剛性が確保されたら、次は耐久性ですね。

屋根裏の通気を確保するため、さらに屋根下地を組み合板を貼ります。


屋根下地材の間を風が走り、棟から抜けていけるようしっかり通気スペース

を確保しておきます。



棟に見える隙間が風が抜けるスペースですね。

この後、通気部材(棟用)を取付屋根板金を仕上げていきます。




軒先から棟を見上げると、うっすら光が見えますね。

風が抜ける妨げになる部材が無いことを撮影して確認です。


耐震性能も重要ですが、通気や換気など木材を腐らせないための『耐久性』も

重要です。





施工手間が増え、コストアップになる工程ですが登り梁を活用した勾配天井の大空間を

実現するには必要な工程ですね。


見えない箇所へのコストをかけることで、自社設計での建築単価は多少アップするのは

仕方がないかもしれませんが、しっかりした建築を提供したいものです。


日々勉強ですね。


ちなみにこの日は、建て主自ら屋根に上がって頂きげんば説明できたのですが、

屋根の上で施工説明したのは初めてかも、、、、


デザインだけではなく、技術への興味を抱いて頂ける建て主との今後の出会いに

期待ですね!


Comments


bottom of page