top of page

型枠工事


型枠工事完了です。




基礎断熱材は厚さ10センチを採用。

高断熱仕様の建築を実現するには欠かせない厚さですね。



コンクリート流し込み前に、正確な場所に適切にアンカーボルトを設置します。

構造計算によるアンカーボルトの太さや長さは決めていますので、設計者は

取り付け位置を監理していきます。


コンクリートを流し込みながら、アンカーボルトを差し込んでいく現場が多いのですが、

どうしてもアンカーボルトが傾いたり適切な取り付け位置から外れたりしますから、

当事務所の施工方針としては、コンクリート流し込み前にアンカーボルトを設置します。



Comments


bottom of page