top of page

長期的視点



電気配線や灯油配管など壁内を巡りますよね。

通常、配線は柱や梁に小さな穴を開けて通しますが、何となく構造体が心配だったり

将来リフォームするときに配線工事がやりにくくなりますよね。


そこで、断熱材を覆う気密シート(オレンジ色)を貼ったら、さらに木下地を組みます。

材料費と手間代はコストアップになりますが、この作業を行うことで構造体を傷つけず、

さらには気密シートも傷つけないので気密性能向上もアップします。


将来、リフォームする場合でも壁をはがすと、構造体を気にせず理想の場所に新たな配線を

追加することも可能になります宇。


見えない壁の中への配慮ある設計により長期的視点ですまい管理を行えますね。



Comments


bottom of page