top of page

設計料について

よくある質問で『設計料でどこまでの仕事をしてもらえるのか?』

という、問い合わせが多いので、設計料で出来る業務範囲を説明します。


あくまでも、自社の場合です。


まず、基本的な設計監理業務

図面製作や建設現場の写真撮影や工事チェック、

お客様へ工事写真添付した業務報告書類作成など


自社オリジナルで行っているものに、『許容応力度計算による耐震等級3をクリアする』



外注で構造計算をお願いする場合と違い、打ち合わせのたびに変更が繰り返される

設計案をいつでも構造計算したいので、自らデザイン業務と並行で構造計算業務を

行っています。


窓の位置や柱の位置が変わるだけで、構造計算結果に違いが出る場合がありますので、

毎回構造計算を行いながらデザイン検討がしたいですから、僕は設計料に構造計算

業務を含んでいます



基本設計では、大量のCG画像やCG動画を製作するのですが、それらを外注に出すと

時間とコストが掛かります。


そこで、最新の機材と最新のCGソフトを自ら用意しました。

これで際限なくCG動画とCG画像を提供できます。


もちろん、その制作コストは設計料に含んでいます。


依頼を検討されている方々の参考になれば幸いです。

設計相談会開催中です。


詳しくはこちら



Comments


bottom of page