top of page

耐震設計−2 構造金物


金物工法を採用する事で可能になる、美しい木組をライトアップ



柱と梁を接合する建築金物には、工法や金物に種類があって設計時点で

構造計算を活用して決めていきます。


事務所基準では、金物工法(クレテック、プレセッターなど)柱と梁

の断面欠損が少なく、安定して長期に渡り性能を発揮してくれる金物

を使用しています。




梁同士を接合する金物




プレセッター金物を使用して組みあがった『登り梁』




接合部の金物が見えない『金物工法』の利点を生かし、美しい梁組を見せた天井


建築づくりでこだわる箇所は多岐に渡り、建て主と話し合う項目は多いのですが

ぜひ、建築構造の施工に対しても注意を払いたいものですね。



コメント


bottom of page