top of page

耐震設計−1 耐力壁


『耐力壁』の配置を構造計算により解析して可能になる開放的なリビング


壁の耐震強度を確保する『耐力壁』

壁の施工に関しては、合板の製品企画、釘の種類、釘の取付間隔(ピッチ)など

細かな仕様によって強度を調整します。


耐力壁の配置や強度については、設計プランや空間デザインなどを考慮して

両立可能な設計を目指し為に、構造計算を行っています。



構造計算による耐力壁の強度チェック画像



現場では設計者自身が、合板の製品企画、釘の種類、釘の取付間隔(ピッチ)を

確認して写真撮影、監理報告書を制作して建て主へ提出


全ての耐力壁を検査して、設計図面通りに施工されているか

現場監理することは重要ですね!

Comentários


bottom of page