top of page

耐力壁工事


壁の耐力壁工事開始です。

OSB合板壁に固定していきます。


ただ、壁に釘で留めるわけではなく、構造計算に基づいて釘の種類や釘間隔など

細かく設定していますので、OSB合板一枚づつ検査です。


丁寧な大工工事により間違いなく、図面通り施工されていました。


許容応力度計算による『耐震等級3』実現に向けて構造体が出来上がりつつあります。



基本的に外周部による耐力壁で構成させることで、室内はどこに間仕切りしても

良いフレキシブルな空間を目指していますので、将来のリノベーション工事だって

やりやすいはずです。


新築だからこそ、将来の間仕切り可変性を考慮できますね。

Comments


bottom of page