top of page

最先端な建築設計スタイル

なかなか周りで普及が進まない『BIM』(ビム)

CADで図面制作するのではなく、3Dモデル(実際建築するモデル)を

PC上で制作してから図面を生み出す、2Dから図面を制作するのではなく

3Dから図面を制作することで、ミスの少ない現場工事に即した

精度の高い建築が実現できます。


もちろん、BIMを活用して構造計算や省エネ計算など幅広い活用が

可能です。


その他では、やはり、、、VRでしょうね!

自分たちが実現した建築物をVR上に完成させてしまうので、

VRゴーグルで建築見学会を実現させます。


これにより空間把握を工事着工前に正確に把握できます。




設計中の『ゼッケイヴィラ』BIMモデル



構造体を確認したり



建物を横に輪切りして立体で建築物を確認したり




こんなことが可能なので複雑な建築設計を効率よく進めることができます。

Comentários


bottom of page