top of page

日差しを検討

敷地にどれくらいのボリュームで建築を建て、どれくらいの日差しを室内に

取り込むことができるか、初期の設計段階で検討します。


もちろんBIMを使って建築設計です!

今までだと3DCGを使って何となく、、、、

室内へ差し込む日差しを製作していたのですが、BIMを使うことで敷地の場所データを

入力して、具体的な日差しの差し込みが分かります。



夏至

深い庇のおかげで室内に暑い夏の日差しが差し込んでいませんねー

BIMで設計しているので、具体的な断面図が出来上がり、高さも正確です。





冬至

日差しが室内奥まで差し込み、日差しの力で室温を上げてくれそうですねー


初期の段階でここまで仕上がると、仕事が早くてクライアントへの説明が

分かりやすいですねー




コメント


bottom of page