top of page

先張りシートによる気密施工

学生時代に学んだ木造住宅の気密化工事。

教科書のような丁寧な施工写真ですね。


外部と接する梁に貼られたシート(青緑色)

金物工法の金物を一度外し、シート貼った後に再度金物取付。

これで、金物から冷気が壁内に入り込むのを防ぎ、室内の湿気を壁内に通さなくなります。


柱と梁を組み上げる時のひと手間なので、面倒な作業ですが、ここを丁寧に施工して頂くことで、気密性が上がります。


工事をお願いする工務店に、ぜひ気密工事の施工方法などんなやり方なのか聞くことを

お勧めします。




土台への気密施工も重要。

土台と基礎コンクリートの間に、気密パッキンと気密シートを同時に先張り施工することで

気密性を上げます。


僕の気密工事への設計図には、図面の他に今まで設計監理してきた気密施工写真を一緒に

レイアウトした設計図面を製作して、現場施工の参考にしてもらってます。


しかし、、、


いつも施工をお願いする工務店さんにこの図面は必要ないですね(笑)


だって、気密施工は僕より詳しいですから!


いつもそんな工務店と建築を作っています。


Komentarze


bottom of page