top of page

ライフスタイルを表現『玄関』


『多様で多彩』

設計した仕事の数々を振り返ると

まさにそう!

当たり前ですよね。

建主の数だけ要望があり、敷地も予算も

何かも違います。

完成する建築が全て違って当たり前なんですね。

『玄関』一つでも多彩です。

バイクが置けて、日曜大工が出来て、音楽室があって

専用物置まである!

最初から多彩な『玄関』を要望していた訳ではないのです。

家に対する会話を重ね、要望を理解し回答案を幾つか提案

しながら実現したんですね。

そこまで設計が進むと、僕が設計したのか、

建主が設計したのか、分からないくらい混ざり合い

素敵になっていきます。

それでも良いのです!

家は建築家の作品でありません。

共同作業で形になるのが家であって、パートナーと

して建築家が寄り添う、、、

だからこそ、『個性的で自分だけの家』が出来上がります。

僕は受け身な建築家かもしれませんねー

だって、アイデアの宝庫は建主自身にあってそれを生かして

提案を続ける作業を楽しんでる自分がいるのですから。

Commentaires


bottom of page