top of page

プロセスの共有-2

最近は、プロセス共有が大切ですよね。

建築家のイメージを一方的に提案し続け、作り上げる建築ほど

つまんないものは、ありません。



建築家と作るなら、最大限『プロセス』を共有して頂き『楽しむ』事が

重要です。


そこで、VRですね。

BIM(ビム)データは、幅広く活用出来ますので仮想空間を製作するにも役立ちます。



打合せでは、高性能ノートパソコン(エイリアンウェア)とオキュラスクエスト2を持参して、打ち合わせです。


図面とCGパース、動画だけではやはり2次元のイメージ共有の限界を感じますよね。

そこで、VRの出番!


仮想空間に現れる建築を自分の好きなように見て歩く、、、、

実際の建築完成現場見学会と同じ感覚になります。


しかも!

毎回、打ち合わせにて変更加えられた自分たちの家を見て歩ける!

すごい体験だと思います(自画自賛)


模型も良いのですが、小さな模型を覗き込むように眺めても限界がありますよね。

仮想空間上ではありますが、実際の建築空間を体感した方がイメージ共有が早いです。


それに、イメージ共有を最大限図ることで新たなデザインの発想だって湧きますから。


動画は、VRで操作して『ムカイノビレッジ』を体感している様子。

分譲地だってVRで確認してから、購入する方が納得できますよね。




コメント


bottom of page