top of page

プロセスの共有-1

さて建築家と家づくりやお店づくりなどをする時、完成した建築を楽しむだけでなく、

建築設計と建築デザイン変遷を楽しむ事も重要ですね。


従来ですと、平面図やCGパース、模型を通じて建築イメージを共有するのが一般的

でしたが、最近は、動画、VR、クラウド上にアップしたデータ共有など双方でイメージ

を共有する方法が多岐に渡りました。


プロセスを共有して、完成までのイメージを最大限共有する事が『僕の仕事』でも

ありますから、積極的にプロセス共有を提案していきたいですね。


今日は、BIM(ビム)を活用した建築イメージ共有の紹介です。

打合せを重ねるごとに3D建築データの厚みが増し、最終的には施工者と3Dイメージを

共有する事が可能なBIMですが、そのBIMデータを初回プレゼン段階からお客様と共有

する事が可能です。


紹介動画は、BIMデータをクラウド上の専門サイトにアップしてお客様の都合で

スマホやタブレット、パソコンで閲覧と操作しながら提案した建築物の『中身』

をじっくり、チェックしてもらうために制作した使い方紹介動画になります。


この動画のように、お客様自身が好きなように3Dデータを操作閲覧することで

建築設計デザインの作業に『参加』している気分になります。




Comments


bottom of page