top of page

スケッチ感覚で提案-4






窓辺は畳を敷いて窓の高さを低くした『床座』のまったり空間。

天井高さは1.9Mと低いので落ち着いた和の雰囲気で仕上げ、天井高さに

メリハリを与えます。


窓の長さは5Mくらいですね。

天井の板張りは、屋外の軒裏に貼った板材と同じ仕上げにすることで、

室内と屋外を一体的に見せ、空間の伸びやかさを強調します。


2階リビングの良さは、周辺環境の影響を受けにくく開放的で明るい空間を構築可能なので発想の幅が広がりますね。

Comments


bottom of page